シェルティ来斗とあめ&トイの毎日Ⅱ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

哀悼・・・ベリー、お疲れ様でした

旅行記の途中ですが・・大好きなお友達が一昨日虹の橋に渡りました。

P1070818_convert_20150511071013.jpg

ベリー・・あと2ヶ月で15歳を迎えられたのに・・・今年もまた「ベリー、お誕生日おめでとう」って言えると勝手に思い込んでいたんだよ・・・
でも、もう痛くないね。辛かったね。よく頑張ったね。
デカシェルだったベリーが、こんなに小さくなって大好きな家族の元に帰ってきたんだ

手が震え涙が溢れます。

P1060122_convert_20120729183707.jpg

P1060126_convert_20120729183733.jpg

P1040055_convert_20101118072730.jpg

P1040074_convert_20101109065348.jpg


あっさん(長女)の頃からのブログ友だったベリー、あの頃ベリーはまだ6歳だったんだね。
家族と優しい月日を共にし、アレルギーはあったけど概ね元気に過ごしてたよね。半年前までは・・・
ベリーがシェルティに多い鼻腔内腫瘍と知った半年前、この私でさえ心臓が痛くて悔しくて辛かった。
ご家族の思いはいかほどだったろう・・・

P1050978_convert_20120517073111.jpg

P1040099_convert_20101115071340.jpg

P1040108_convert_20101115071401.jpg

4月末に症状が急変し、腫瘍の転移が見つかり頬の傷からの出血、食いしん坊だったベリーが食べられなくなった。
でもお兄ちゃん、お姉ちゃんが帰って来るGWには食欲が戻ってきたと知り安心してたのに・・・
お兄ちゃんの「次はGWに帰るから・・・」の約束をベリーは守ったんだね。

動物は、自分の死期を感じてもただひたすら生きようとする、どんなに辛くとも生きようとするのが本能だそうです。
悪化する状態を受け入れそれに合わせて生きていくのだそうです。泣き言もいわず・・・
凄いよね。強いよね・・・だから飼い主がすべきことは、そんな本能を尊重し、生命の営みを大切にすべてを一緒に受け入れることだとか・・・。
ベリーのパパ、ママはそれを十分にしてきてあげたと思います。半年前も、先月末もいつか来る別れの時を覚悟した・・・と言ってたけど、100年たっても覚悟なんてできないのは知ってたよ。
15年近くも傍にいてくれたら、それが当たり前の日常になり、家族の中心、ママの全てになってたでしょうから・・・

P1070704_convert_20150113071624.jpg

P1070680_convert_20141217182625.jpg

ベリーは昔からプーさんのぬいぐるみがお気に入りで、かなり年季のはいったプーさんがいつも傍らあり、私を和ませてくれました。
今はプーさん=羽生君がメジャーですが、私の中ではプーさん=ベリーです。
最期まで大好きな家で家族と共に過ごせたこと、ベリー幸せだったね。
もう痛みも皮膚の痒みからも解放され、いつかまた会える日までのんびり虹の橋で待っててね

P1040067_convert_20101109065310.jpg

P1020946_convert_20100127073757.jpg

ベリー、お疲れ様でした。出会えて嬉しかったよ。どうも有難う・・・
いまだけ、ベリー、バイバイ   またね・・・

スポンサーサイト

| お友達 | 12:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。