シェルティ来斗とあめ&トイの毎日Ⅱ☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

偲ぶ日

『寒いですね』が挨拶替わりの今日この頃  だってもう12月ですものね。

先日11月29日、茨城に住む義兄が亡くなりました。
先週末、1,2日にお通夜、葬儀で家族(あっさん{長女}は来斗がいるから留守番)と共に最後に兄に会ってきました。
夏は越せないかも…と医師から言われていた兄ですが、最期まで本当によく頑張ってくれました。
8月から自宅看護に切り替えてからは、姉や甥達は大変だっただろうと思うけど、最期まで兄の意思を尊重し、愛する家族に看取られて逝った兄は幸せだったと思います。
今月半ばに65歳。。。まだまだ早すぎる死ではあったけど…
定年後は、趣味のゴルフや釣りや家庭菜園を思う存分やりたかっただろうな~
ここ数か月は筆舌に尽くし難い痛みもあったろうに…決して弱音も吐かず、一瞬も諦めず最期まで生き抜いてくれました。
兄は私が9歳の時に長姉と結婚し、初めて男兄弟が出来て嬉しかったのを覚えています。
10歳で既におばちゃんになった私ですが・・・甥と言うより今でも弟の様な感覚です。
又、兄はうちの娘達もとても可愛がってくれました。
しぃちゃん(次女)なんかは生後4ヶ月の時から面倒見て貰ってたし…あの頃は毎年の様に遊びに行くのが夏休みの恒例行事でした。
病気が発覚した昨年、9月に皆で会いに行った時は、一緒に食事したり一杯話もしたし観光地へも案内してくれた。
今年の夏に行った時は。。。大分具合が悪かったのに、本当に喜んでくれたんよ。
85歳になる母が『代われるもんなら代わってやりたい』とずっと言ってたけど、妹なのに兄には何もしてあげられなかったです
夏からの自宅看護で、精神的・肉体的にも弱っていた姉が心配だったけど、通夜・葬儀では気丈に振舞ってました。
『もう涙も出ない』と漏らしていたそうです。
この1年数か月の間に、数えきれないくらい一人で泣いて、いやと言うほど涙を流してきたことは容易に察することができました。
皆で奇跡を信じてたのに…無念です。

2011091109400000[1]

昨年皆で渡って歩いた本州一長い竜神大吊橋。ここから見た景色は壮観で空は近くて遠くて…神々しいとさえ思えたよ。
これからは、姉や甥達家族の事をこの空から見守ってくれるでしょう。
44年間ずっと私達妹3人の事もいつも気遣ってくれた優しい兄でした。
お兄さん、今までいっぱいいっぱいどうも有難う 本当にお疲れ様でした…。

恐らくこのブログを見てるだろう甥のJへ…
 喪主として立派に兄さんを送る事が出来てたよ いろいろお疲れ様でした。
姉の事、くれぐれもよろしく頼みます。何かの時はいつでも遠慮なくメールなり電話頂戴ね
今回つくづく思ったのは…生きとし生けるものは、誰でも時間に期限があるってこと。
仕事や諸事情で皆それぞれ忙しいけど、会える時には会おうね。うちの親族の結束力は半端ねぇ~と思うで?






                                 

シェルティを愛する皆様へ

   シェルティレスキューをご覧下さい。 迷い犬情報、預かりさん募集があります



シェルティ
今日もぽちっっjumee☆paw3とお願いしますラヴ
      
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| その他 | 22:22 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

きよ母さんへ

コメント有難うございますv-435

きよ母さんの祖母様と同じく兄も胃がんでした。
兄はもう長い間何も食べられなかったようですv-390
お粥をほんの少し食べてくれただけで姉は喜んでましたが…。
自宅での看護は、世話する人が大変ですよね。寝る間もないほど。。。
姉も息子達もよくお世話してあげたと思ってます。何より一番辛いのは兄だから…という事を十分分かってたと思うから・・・。
それと何度も足を運んで下さってた往診の先生と看護師さんには感謝ですよね。
姉はこれからの方が寂しく辛い日々だと思うけど、家族・我々姉妹で見守りたいと思ってます。
結局兄は点滴にモルヒネは入れなかったんよ~きっと家族の顔を最後まで見ていたかったんだろうな~
癌は…本当に憎いよね。
きよ母さん、お悔やみの言葉を有難うv-433

| 来斗の母 | 2012/12/11 00:38 | URL |

お義兄さん、頑張ってらしたのに・・どんなに無念だったでしょう。。
でも、大好きなお家で過ごせて 本当によかったですね。
心よりご冥福をお祈り致します。
胃ガンだった祖母を最後まで家で介護しました。
ほとんど母が付きっきり、毎日叔母がお見舞いにきて
夜は私と母とが一緒に祖母と寝ていました。
内臓を全部吐きだすのかと思うくらい臭いものを吐いて、
痛さに苦しみました。 
先生も毎日往診して下さいましたが大変だった記憶が。。
お姉さま、長い間の看病 本当にお疲れだと思います。
来斗母さんはじめ妹さん達が大勢いてよかったです。
身体も心も 癒えますように。。

| きよ母 | 2012/12/08 09:36 | URL | ≫ EDIT

Junkoさんへ

コメント有難うございます。v-10

兄は夏以降ずっと調子が悪くて一進一退を繰り返してたんよ。
姉からは、時々v-213を貰い話は聞いてたんだけど…聞いてあげる事くらいしかできんもんね。
何度も意識が遠のきながら、その都度また持ちなおしたり。。。兄の生命力に医師もビックリしてたらしいわ。
余命…と言われた月日よりずっと長生きしてくれました。
自宅看護だっただけに、なおさら居なくなった喪失感は大きいとは思うけど、姉は元気です。
長男夫婦も近くに住んでるし、次男夫婦と同居だから、心強いと思ってます。
落ち着いたら、3妹(愛媛・千葉・東京)の家に順番に遊びに来ればいいじゃん?と言っておきましたe-454
お悔やみの言葉、有難うね~

地震大丈夫やった?
久々の地震速報にビックリしたでしょ?
埼玉や都内は震度4だったけど…長い横揺れで、これ以上また???と311の恐怖が蘇ったよ。
うちらでそうなんだから、東北に住む方はまた本当に怖い思いをしただろうな・・・と心が痛みますe-441

| 来斗の母 | 2012/12/08 00:04 | URL |

ZUKAさんへ

コメント有難うございますv-10

兄&兄の家族に心優しい言葉をどうも有難う。
自宅療養は兄が選んだ道でした…訪問看護でお世話になった若い看護師さんをとても気に入ってたようです。
自宅看護…世話する家族も辛く大変ですが、当人も相当痛みを我慢してたと思います。
病院ならもっと痛みが楽になる方法もあるのに、それより最期まで家族と共に・・・の選択も兄らしいかな~と思ってます。
私的には、兄は親身に世話してくれる家族が居て幸せだったと思っています。
今は確かに、孤立死が多い昨今を考えれば…。

今日の地震大丈夫だった?
丁度帰宅途中i-224の時間だったんじゃないかな?
我が家はテレビ点けてたから、突然の地震速報にビックリしたよe-350
あの長い横揺れに…311を思い出してしまったわe-443
来斗は。。。速報の音にビビって一人和室の机の下に避難してましたーe-350
長男なのに頼りね~e-440

| 来斗の母 | 2012/12/07 23:51 | URL |

アイラの姉さんへ

コメント有難うございますv-10

兄へのお悔やみの言葉を有難うございますv-435
優しい兄でした。言葉数少なくシャイな字とで、ニコニコ皆の話を聞いてる感じv-398
兄は40歳過ぎに茨城へ転勤になりましたが、生まれは私達と同じ愛媛の離島でしたv-410
今は無人島になった島v-389をこよなく愛していた兄です。
親を見送るのは、ある意味親孝行の一つだと考えているけど、兄弟を見送るのは又別の意味で辛く寂しいです。
姉はまだまだ雑務があるから…本当に実感がわいてくるのはこれからでしょうが、元気にやっています。
今はメールや携帯ですぐ連絡取れるから離れてても便利な時代に感謝です。
姉さんもご両親を今でも十分大事にしてるの知ってるけど、益々家族の絆を深められますように…
でも、職人はアイラが居ればいいってか?v-405

| 来斗の母 | 2012/12/07 23:39 | URL |

びっくりしました。。
自宅看護じゃ、お姉さまもホントに心身共にお疲れでしたね。
今は気が張っていらっしゃるでしょうけど、だんだん寂しさを感じる毎日になると思います。
ママ…力になってあげてね。
早く立ち直られて、お元気で過ごされますように。。

お義兄さまのご冥福をお祈りいたします。

| Junko | 2012/12/05 17:20 | URL |

こんにちはe-2
前回のブログはとーーっても楽しい時間を来斗くんは過ごしたのがわかりました。
いい写真がたくさん撮れてますねv-344

そして今回の事ですが、ご冥福を心よりお祈りします。
再起身近な時間でご家族と過ごされてきっと、幸せだったと思います。
最近では、孤独死やら身近に親族がいなかったりと不幸なことが多い世の中で・・・。
また、ご家族も辛く大変な時間も過ごされたでしょう。きっと、時が心を癒してくれると信じてます。

| ZUKA | 2012/12/05 13:09 | URL |

素敵なお義兄様だったんですね。
私は兄弟もいないのでこれからも「お兄さん」って存在は出来ませんが
もし居てたら来斗君のお母様と同じくすごい嬉しかったと思います。
ご家族のそばで最期まで頑張られたんですね。
看護されてたご家族もお辛かったでしょうね。
お姉様、きっとこれからお疲れ出て来られるかも。
来斗君のお母様、お姉様ご家族の皆様が早く元気なお気持ちになれますように。
そしてなによりお義兄様のご冥福を心よりお祈りいたします。

| アイラの姉 | 2012/12/05 10:16 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://raitoame.blog84.fc2.com/tb.php/468-6f8bc847

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。