シェルティ来斗とあめ&トイの毎日Ⅱ☆

2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小型犬VS中型犬

今日はで寒いよ  三寒四温のこの時期、体がついていけないのはBBAだから?

さて・・・先週の事です。また3泊4日コースでチビわん達をお預かりしてました

1424255251252.jpg 1424255264579.jpg

ポメのピョン♂9歳。  チワワのぷりん♀8歳。
3ヶ月ぶりの再会だったんだけど、ぷりんは家に着くとキャリーバッグから即出て来て、勝手知ったる我が家のように来斗のトイレでチッチして来斗の水をいただき、「おばちゃ~ん、おひさ~」とお耳をぺしゃんこにして膝に乗ってきた。
覚えてくれてたんだね。か、可愛い~  「惚れてまうやろーー」
一方兄ちゃんのピョンは、意外に繊細だから最初は来斗にビビる(大きいわんこが怖いんよね)
キャリーのまま、落ち着くまでサークルに入れてあげました。
そうそう、前回彼らの寝床が洗濯カゴという貧乏くさい待遇をしてしまい、さすがに不憫やろ・・・と言うことで今回折りたたみ式のサークルを購入。(3000円の激安だったけど思った以上に丈夫でした

20150219_220808.jpg

20150217_001321.jpg

20150217_001330.jpg

それに今回はトイもあめも殆ど2ワンに威嚇することなく普通に過ごしていましたよ。元々ピョンとぷりんが猫に興味がないので基本スルーしてるし
1.25kg余りのぷりんちゃんが一番強くて自由w
遊びたくてぷりんに構ってもらいたくて、その都度怒られてるピョン。(でもヤツは懲りない男
一番歳上でデカイ来斗は・・・ピョンには強気だけどぷりんには弱いw。前回ぷりんに一度一喝された来斗は覚えていたらしく付かず離れず。本当は小さいワンコ大好きだから匂いも嗅ぎたいだろうけど嗅げない弱さw
男のコと女のコの違いなんかな?来斗とピョンはやることが同じで幼稚だわ。
わんこも男のコの方が手がかかり甘えん坊が多いと言うが、まさにそうだと思う。
来斗はお喋り野郎だけど、それ以上にピョンはお喋り・・・まぁよく吠える
ま、所詮小型犬の吠え声なんて可愛いもんだけどね
とりわけ、ご飯の用意をしていると、賑やかさ半端ない
女子組ぷりんは1回だけ吠えて静かに待ってるんだけど、あめとトイも「ニャーニャー」重ねてくるしw
おっさん二人、来斗とピョンが必死に吠えて、まぁうるさいこと
「ちょっと待て、ちょっと待てお兄さ~ん♪」と踊りながらのネタも通じねぇーわ

20150219_111714.jpg

1424255274582.jpg

小型犬と暮らしたことの無いワシの素朴な疑問なんだが・・・小型犬って会話を理解してるのかなぁ。
ピョンやぷりんは単語は理解できてる(散歩やご飯など)。知ってる単語が出ると首をかしげ一生懸命聞いてはいるけどね
普段来斗とは人間同様の会話で暮らしている。(因みにあめは結構理解してるがトイさんは単語を少ししか理解できていない残念な可愛いヤツです
よくシェルティ飼いとの会話で親バカ100%ながら、「シェルティってよく話を理解してるよね。単語じゃなくて文脈で分かってるもんね」という結論になるんだけど・・・
実際、侮れねぇ~と思うほど十分に理解してくれてるから面白い。

20150219_170837.jpg

3頭一緒にお散歩も行ったけど、外に出るや否や、毛量の少ないピョンとぷりんは寒さでブルブル震えてた
後半は抱っこしておくんなまし~とお二方ダウンに包まっての抱っこ散歩となりました。
今回は2回目だから余裕でお世話できたし、この母にとってはとても楽しい4日間でした。
またおいでね。ピョン&ぷりん

関西帰りの飼い主夫婦と最寄駅で待ち合わせ。夜遅かったけど来斗も駅まで一緒にお見送りしたよ。
やっぱ帰られると寂しいよね。うちってこんなに静かだったんだ・・・と思ったw

20150220_022513.jpg

20150220_022541.jpg

20150220_022444.jpg

ピョン達が帰った後、速攻サークルに入ってぷりんが使ってたベッドに寛ぐ来斗
一応ね、届いて最初に組み立てた時、「来斗のだけどピョン達来たらかしてあげてね」とは言っておいた。
やっとこれはボクのだし!!と言わんばかりに落ち着く来斗。ぷりん達が使ってる間は一度も入らなかったくせにね
てか、あんた・・・ゲージもクレートも嫌いで入らないやん
来斗は、囲まれるのが嫌いなのか?クレートで寝ることもなかった(今は有事の際にとクローゼットに入れている
もしや、このサークルなら広いし、メッシュで見えるから使うのかな~と思ってたら、案の定翌日から入りません
やっぱね・・・と邪魔だから折り畳んでしまいましたとも
ワンコって、普通狭いとこの方が落ち着くんじゃないんかいっ



                                 

シェルティを愛する皆様へ

   シェルティレスキューをご覧下さい。収容犬情報あります。シェルレスの可愛いシェル達の里親募集も・・・
   益々支援・協力の輪が広まりますように・・・


読んでくれて有難う今日も1ポチお願いします
      
 にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 来斗 | 17:31 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お気に入りの場所が・・・orz

一昨日はバレンタインデーでしたね・・・あっさん(長女)が体調不良で来斗にあげる予定のケーキも作れず
来斗には切ないバレンタインデーでしたw

さて・・・ここ数年来、少なくとも年に5~6回は来斗と一緒に食事が出来るイタリアンのお店「マ・メゾン」を利用していた我が家。
モーニングやランチ、ディナーと外席ながら柵もあるので、気兼ねなく食事を楽しめる店でした。
テラス席ができた当初は、テーブルと椅子だけでしたが、改造するたびにドッグカフェらしく工夫してくれ近所では数少ない店でした。
なので、店内は空いてるのにわんこ連れのテラス席の方が混んでる!という日もあるほどです。
トイレシートは自由に使え、ウンチboxも備えてあり、水飲み容器も常備されていました。
冬場は真ん中に大きなストーブ。椅子には座布団。
夏場は蚊取り線香と扇風機。ドッグメニューはないけど、店内には犬用のおやつが売ってありました。

20150103_182727.jpg

20150103_183135.jpg

20150103_183138.jpg

ワタス、娘達と毎年必ず正月3が日の間に何故か行っていたんですが今年は3日の夕方にお茶飲みに行きました。
この店は、常連さんが多くてわんこ連れの人は犬種が違っても横繋がりの結束が固く、来斗を連れて行くと先客の方が直ぐにシェルティ飼いの方に「今シェルティ来たよー」と電話するほど
結果、必ず数十分待つ羽目になりますが・・・
今回呼ばれて来てくれたのは、初めましての女のコ(アンズちゃん。11歳だったかな)でした。
写真ブレブレで残念だけど、来斗にも挨拶してくれ大人しい可愛い女のコでした。猫ちゃんも連れて来てて、あっさんずっと抱っこさせて貰ってました
普段の散歩でもあまりシェルティに遭遇することが少ない我が家近辺ですが、ここに行けばシェルティに会える事が多くて嬉しかったんよ~(今まで5~6頭に会ったけど、皆女のコだったなぁ~
この日、シェルティの飼い主さんに聞いた衝撃的な話・・・「この店15日で閉店するんだよ」と・・・
えっ?(;゚Д゚)! なんですと?ビックリやらショックやら・・・
聞けば、建物自体の老朽化で壊してしまうらしい・・・
2階に居酒屋、3階にカラオケboxも入っていたビルでしたが、2階の居酒屋オーナーの自社ビルだったようです。
そこで、彼女達常連わんこ組の方々は、署名を集め,ぜひ近くにまたオープンして欲しいという旨の嘆願書をだしたらしい
この母も知っていれば協力したのですが、意外に群れ行動が苦手なワシ。しかも、たまにしか行かないので顔見知りもいないしね

20150114_174733.jpg

20150114_175336.jpg

閉店15日は予報だったので前日の14日に、初めて来斗と二人で行ってみたよ。(いつもは必ず娘か友人と一緒)
皆名残惜しいから、きっと混んでるんだろなーと思いながら。
したら・・・まさかの誰もおらず ワシと来斗の貸切やん
別に小腹も空いてなかったけど、ピザトースト&頼んで食べたよね
来斗に「マ・メゾン今日で無くなっちゃうんだよ~」と言い聞かせながら帰路につきましたけど・・・。

20150127_165709.jpg

20150127_165725.jpg

20150127_165652.jpg

大森駅方面に散歩に行くと100%の確率で「マ・メゾン」に誘導する来斗。先月末行ってみました。
やっぱ、本当に閉店してた・・・orz.
来斗は、「なんで?入れないの?お母さん、なんで?」という顔で暫く店の前から動きませんでした。
まだ解体してなかったけど、新しいビルが建ったらドッグカフェがあるといいなぁ~。無理かなぁ~。
らっさん、残念だよね 別の店開拓しないといかんねぇ

20150114_174154.jpg

店内ではいつもこんな笑顔で喜んでたのにね




                                 

シェルティを愛する皆様へ

   シェルティレスキューをご覧下さい。 迷い犬情報、預かりさん募集等があります




シェルティ
今日もぽちっっjumee☆paw3とお願いしますラヴ
      
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

| 来斗 | 07:52 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「先生、これってアテロームですよね?」

昨日は手袋いらずで春を思わせるような陽気だったのに、今日からまた寒さが戻るとか ちっ

20150129_123637.jpg

さて・・・先月末の話ですが、来斗の肉球にできている経過観察中のタコの様子と尻尾に突然現れた粉瘤(アテローム)らしきものが気になったので病院に行ってきました。
タコの件以来、これまで掛かり付けの病院ではなく徒歩30分かけて隣駅の動物病院に行ってます。
午前診察は12時迄なので11時半頃着くように行ったんだけど・・・混んでた
後から来たシェルティ

20150129_114653.jpg

写真ブレブレだけど、とても14歳には見えないトライのシェルティでしたよー。
腎臓の具合が悪くて11月から2日毎に点滴に通っているそうです。めちゃ元気に見えたんだけどね
頑張ってうんと長生きしてね~と言うと元気に尻尾フリフリしてくれたよ

20分くらい待って呼ばれましたが、らっさん体重13.45kg 久々の13kg台になりました 2年振りかも・・・
脚の負担を考えて1、2歳時の体重13kgに戻そうと思いながら中々減量できずだったのに・・・。ふふ(*´∀`*)
で、経過観察中の肉球にできたタコ?ですが・・・5ヶ月前と大きさは少しも変わらず(むしろ肉球の一部と化している)なので、先生も「タコで間違いないでしょう。5ヶ月経って大きくならないなら悪性腫瘍であるわけがない」と言い切りました。
尤も大きくなってたら、経過観察などど悠長に構えずとっくに診察してもらってますけどね
それより今回心配だったのは、尻尾の上部に突然現れた黒い塊(最初が付いてるのかと思ったし)
見ると、どうも粉瘤っぽい。来斗は背中にも粉瘤があり、前の病院で絞ってもらったことが2回ある。
首にも白い米粒大の粉瘤があるし

説明しよう
粉瘤腫(アテローム)とは・・・正式には「皮内角化上皮腫・ヒナイカクカジョウヒシュ」と言うらしい。(家にある動物医学大百科によると・・・この腫瘍は真皮と皮下織内に発生し、大部分は膨張性の発育を示す。背部と尾によく起こり、多くの場合多発性腫瘍として発生することが特徴。

良性の腫瘍ですが、アテロームは皮膚の一部が袋状になり、その中に角質・脂肪が溜まるもの。
間違われやすい脂肪腫は脂肪の塊の腫瘍なので、治療法も異なるらしいよ。
完治するには袋を取り出す手術になりますが、現在は炎症・破裂させないように中身を絞りだす処置をしてもらってます。
背中のアテロームで経験済みの母・・・先生に知ったかで「これってアテロームですよね?」と聞いてみた。
そしたら先生、来斗の尻尾のアテローム絞りながら・・・「僕らの間では脂カスと呼んでますけどね」と・・・。
えっ?(;゚Д゚)! 脂カス? 天カスみたいに言うんだなぁ
「命に関わるようなモノではないから大丈夫ですよ」とも言って下さいました。
人間のアテロームでも絞って中身を出すのは痛いといいますが、「また溜まって大きくなったら私でも絞れますかねぇ?」と尋ねると「ちょっと痛いから難しいかも・・・病院だと痛みより緊張感の方が勝るから我慢できるんですよ~」と言ってました。確かに・・・らっさん、マジ真剣な顔つきだった
シェルティは脂質が多い犬種だからね~とも・・・。
らっさん、脂肪腫切除3回。アテローム数箇所・・・典型的ですやん
全身チェックは今後益々怠れないですわ
化膿・炎症予防に一週間分の抗生剤を貰って、来斗朝番飲み切りました。今現在は小さくなったけど無くなるわけではないから、定期的に診てもらおうと思ってます。
こちらの病院、親切なのよ・・・貰った抗生剤が結構大きくて、(なんせ来斗フィラリア薬、ミルべマイシンも私が2つに割ってご飯に混ぜないと食べてくれない。大きい薬が口に入ろうもんなら、凄い顔してペッと吐き出してしまうんよ
なので4分の1に粉砕してくれました

20150129_124235 (1)

ところで、犬猫飼いで熱心にならざるを得ないのが病院選び。
うちも今まで9年間通っていた近くの病院(徒歩10分)の先生は注射が上手だし良かったんだけど、1ワン2ニャンと結構お世話になってるし情もありますが、思うところが有り今回セカンドオピニオンで他院に変えました。
尤も大した症状でない時やシャンプーは今までの病院を利用させてもらいますけど・・・。
母の情より来斗の病気処置のほうが断然重要ですからね~。
症状によってかかる動物病院を選ぶため、診察券を複数枚持ってる方も多いでしょう。
獣医師といえども完璧に全ての病気に詳しい先生はいないと思っています。
人間の病院のように、外科・耳鼻咽喉科などと専門分野で分けられてるわけではないし・・・。
病院の、医師の、判断・処置で犬猫の生命に関わってくることだから選択は慎重になりますよね。
因みにワタスの場合、まずは徒歩圏内の複数の病院をネットで徹底的に探します。
知人からの評価や口コミの評判は最重視しますが、これもその人の主観だから絶対的ではないし・・・。
あとは病院のホームページに書かれてある先生の経歴や所属学会をめちゃチェックします
例えば、今の病院の院長は麻酔外科学会所属で大学病院では外科系診療科の勤務経験があり、来斗の主治医は皮膚科学会・循環器学会所属で大学病院の内科系診療科の勤務経験があります。
犬も猫もシニアになってくると色々出てきます。今の病院でも処置や判断に納得できなければ、他の病院も探してみるのはやぶさかではないよ
モノを言えない犬猫達の替わりに病院選択は飼い主の責任重大。
後の祭りとか後悔しないよう取捨選択しないといけませんよね だってワシ・・・優柔不断だからえへ(*´∀`*)

おまけ

20141209_214911.jpg

肩に担がれて抱っこされるのが好きなトっちゃん。









シェルティを愛する皆様へ

   シェルティレスキューをご覧下さい。
   益々支援・協力の輪が広まりますように・・・



今日も1ポチお願いします  いつ押すの?
    今でしょう
 今どきこれ言うのも結構な勇気がいるよね
      
 にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

| 来斗 | 09:23 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

哀惜・・・りり~ちゃんへ

20150203121335_deco.jpg

いつも上を向いて辛い闘病に耐え頑張ってくれていたりり~ちゃん。 昨夜虹の橋を渡りました。
昨日はお日様見に行けてたし、ご飯も少しだけど口にできて安心してた矢先の訃報。
信じられませんでした。悪い冗談だと思いました。
でももう辛くないよ。前みたいにおもいっきり走れるようになったんだよ・・・

015_201309080654523fc.jpg

008_20130925211328420.jpg

2014-04-16-08-10-59_deco.jpg

011_20130920071227d8c.jpg

2013年7月に大好きだったララ姉ちゃんを見送ってからは少しの間一人っ子。家族の愛情独り占め。
他のワンコはちょっと苦手だったけどお散歩が大好きで、食べること大好きでママの車の助手席が大好きでいつも笑顔のりりーでした・・・。
妹のきぃちゃんを迎えてからは、今度はりりーがいいお姉ちゃんになっていきましたよね。
昨年秋から変形性脊椎症が進行し、四肢が不自由になりながらも頑張ってくれてたのになぁ~
りりーママさんとは長いお付き合いさせていただいてます。
私の中のリリーはいつもララ姉ちゃんの前をルンルン歩く姿のリリーのまんま・・・
だからブログを見せて貰うたび切なくて切なくて、リリーの四肢が動かなくなっても諦めきれず、まだ11歳、脊椎症は完治は無理だけどきっとまた歩けるようになると信じ、補助用ハーネスを送りつけた事・・余計ママを焦らせたかなぁ~と後悔しています。ママごめんね。

20150202141329_deco_2.jpg

いつも空を見上げてリリーは何を思ってたのかなぁ~
毎日ママちゃんの手厚い看護嬉しかったね。だから通院も頑張れたんだよね。
家族が大好きだったリリー。家族が休みの週末はいつも早起きして待ってたよね。
だから最期の時も週末を選んだんでしょう?

016_20120418195132.jpg

009_20130507080626.jpg

また虹の橋でララ姉ちゃんとこうして寄り添ってるんだろね。
ララ姉ちゃんに「りりーこっちに来るの早いよ!」と叱られたでしょう・・・

2015-01-01-00-24-33_deco.jpg

りりー姉ちゃんを慕い最期まで寄り添ってくれた妹分きぃちゃんもありがとう。
ホントはもっと長く一緒にいてもっと沢山いろんなこと教わりたかったろうけど、きぃちゃんの元気さにりりーも沢山励まされ刺激を受け、楽しい毎日だったと思ってるよ。
りりーちゃんは、脊椎症だけでなく他の深刻な病があったんでしょう。
私はあえてママに何の病気なの?と心配だったけど聞けなかった。
いつかママの気持ちが落ち着いたらブログに綴ってくれると思ってる。
同じ病で奮闘してる仲間に貴女がどんな世話をし看護してきたか・・・が大きな励みや参考になるのは間違いないから・・・
だってリリーは幸せでしたよ。安らかな最期で。お腹いっぱいにしてもらって。

20141117185013_deco.jpg

もう「ママちゃん、ママちゃん、ルンルン♪」のリリーの写真が増えないことが寂しい。悲しい。
言わなきゃいけないね・・・「りり~ちゃん、いってらっしゃい」
リリーの笑顔は最高でした。忘れないよ。ありがとう・・・

20150201_165728.jpg


りりー&きぃ 空を見上げて
明日の夜8時半。空を見上げてりりーちゃんを見送るね。

| お友達 | 14:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。