シェルティ来斗とあめ&トイの毎日Ⅱ☆

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

病名判明~

寒い週末でしたね
土曜日は都心でも初雪とのニュース映像など流れていましたが、我が家品川区では…埃か?と思うくらいの雪しか舞いませんでした冷たい雨ばかりで…辛っ

ところで、先週の水曜日(18日)、来斗の目の診察に行ってきましたぁ
水曜日はあっさん(長女)の彼氏Oが休みだし、娘達も休みを取りイツメン4人と1頭で行って来た
事の起こりは一年前のブログ記事『病名が判明~』とお気楽な感じで書いていましたが、昨年12月、反対側の目にも斑点が
暮れに主治医に相談して、やはり眼科の専門医に行った方が・・・と言う話にはなっていたんだけど…
『角膜ジストロフィー』ならやはり治療は確立されてなく根治もないらしい
暮れ~正月にかけて目をショボショボする事が多くなってたんよ(いつもなら1日で治るんだけど)

CIMG2482.jpg

CIMG2486.jpg

極めつけは、元旦の夜突然顔の左半分に引きつけの様な症状をした2,3回痙攣というより引きつけ的な・・・
超~ビックリしたワシ当の来斗もビックリしたらしく普通に歩きながら和室へ避難するし
それから娘達と手分けして、医学書・パソコン・アイフォンで疑わしき症状を探しまくった元旦の夜
『ホルネル症候群』ではないか?目からきてるのか?脳の神経からか?とまぁ大騒ぎの女3人
当の来斗は普通に食欲もあるし元気なんだけど、そんな引きつけが9日までに5~6回ありました
行った病院は眼科専門病院『トライアングル動物眼科診療室』文京区の水道橋近くにあるんですが、近隣県の千葉や神奈川から通院してくる人も多いらしい。
ここの院長が眼科治療ではとても権威のある方らしく、獣医師の推薦も多い病院なのですが完全予約制・・・しかも平日は午前中のみの診療とありましたが、手術のない時は午後でも予約を受け付けてくれます。
幸い一週間後に予約が取れたのはラッキーでした

昼食後に出発、取りあえず家の近くのドッグランで遊ばせて、らっさんのご機嫌をとっておいた

CIMG2530.jpg

CIMG2531.jpg

CIMG2536.jpg

久々のドッグランで走る走る…少しの時間だったけど来斗めちゃ楽しんでました

attachment00[2]

そしてこの後、取りあえず病院の場所を確かめておいて…まだ時間があるから上野公園にも寄ってみた

CIMG2548.jpg

CIMG2544.jpg

CIMG2550.jpg

超~久々に上野公園に行った母来斗は初めてのくせに颯爽と先頭を歩いてたし
平日でも思ったより人が多かったよ。ワンコ連れの人も居ました(小型犬が殆ど)
ここで、数人のおじさんに声をかけられた来斗どうもおじさんに好かれる傾向があるらっさん
当の来斗はなるべくスルーしたいと思ってる様子がバレバレ話しかけられてもシカトかましてましたわ

さて・・・ここから本題ですが(前置き長い?
診察の予約時間は4時半だったんだけど、4時過ぎに受付を済ませて待つこと数分。
最初は問診室で若い先生とお話し。症状などを詳しく聞いて頂きました。検査に15分程度かかると言われ、付き添いも可能らしいですが、母が一緒だと来斗が甘えるので今回は先生にお任せしました。
待合室で20分近く待ったでしょうか・・・そこに犬・猫の眼病の本が沢山あり見てみると、『シェルティの角膜ジストロフィー』という項目があった。確かにシェルティは『角膜ジストロフィー』の罹患率が多い犬種だけど他種犬の『角膜ジストロフィー』とは少し異質なようです。なのでわざわざシェルティの角膜ジストロフィーという項目があるんだなぁ~と思ったよ

来斗の検査が終わった後、担当の先生に呼ばれました。
小さな部屋ですが、来斗の目の映像を見ながら詳しく説明され、娘共々映像に感心しながら話を聞きました。
結果は…先生の見解では『角膜ジストロフィー』とは異なるのではないか?とのことです。恐らく見た目は同じ様に見えるのでそう判断する事も多いのですが、来斗の場合『角膜結晶沈着』(眼表面乾燥に伴うバリア機能低下)との事でした
斑点の原因は角膜ジストロフィーと同じコレステロールやカルシウムですが、根治しない角膜ジストロフィーではなく、治療で改善されると考えています・・・と仰いました
来斗の瞼が少し腫れてたのは、瞼の機能低下(マイボーム腺機能不全)らしい
人間の瞼にもマイボーム腺があってそこから脂をだし眼の潤いを保つのは知っていたけど。。。映像で見ると来斗の左目のマイボーム腺はガタガタやった(本来は規則正しく並んでいる)
以前あっさんが『来斗はアイラインを引いたように黒くていいなぁ』と言ってたけど、黒い部分が剥げてまだらになってた(瞼をめくってみると肉眼でもわかるかもしれない)
この大事なマイボーム腺が機能しないと当然ドライアイになるわけで・・・
らっさんはドライアイといわれましたがな今後注意すべき事は、斑点が潰瘍化しないようにすること…だそうです。
この病気の治療は、数週間で治るものではないらしい…数か月、数年のスパンで考えてた方が良さそうかも
取りあえず、今回は一か月間の抗生物質内服。眼表面保湿の為の点眼薬・軟膏)です。
あとマイボーム腺を刺激し脂の分泌を促す為に、毎日数回の瞼を温める&眼の開閉運動・・・を命じられました
直ちにどうこうという病気ではないけれど、目をショボショボするのは違和感があるからしてるのであって、来斗は痛みはないかも?だけど見てると可哀想になります。
で、あの例の引きつけ的なものは一体何だったんだろうか?先生が言うには『斑点が薄く広がり破けると痛みでそんな症状があるかもしれないけど・・・』でした
9日以降その症状は今現在無くなったけど・・・眼が痛かったんだね
見た目では分からなかったから、やっぱ検査してもらって良かったです。人間並みの設備がある病院で、先生の丁寧な説明も30~40分ありました
流石に来斗が最後の方は飽きてきて小さな声で『ハウハウ』と言い出しました
先生が『もう少しで終わるから待っててぇ~』と言うと大人しくなってたし
初めての病院だったにも関わらず、察したのか?車から降りようとしなかった来斗
ワンコの勘って侮れないよね~また来月も行かないといかんのに

余談ですが・・・

その1…来斗の病院に行く前日、旦那は来斗に『明日は検査頑張れよ~ちょっと痛い事されるかもしれないけど、来君なら頑張れるよな?』とそっと言っていたのをあっさんが聞いてた
帰宅した日、出勤前に起きてきた深夜2時…開口一番『来君どうだった?』と聞いてきた
ワシが夏に子宮円錐切除手術で入院した際にも、こんな励ましやら心配の言葉は一切なかったんですけど?
まっ、いいんですが・・・
しかも旦那は電話で来斗の病院の事を義父母にも話していた金曜日に心配した義父母から電話があったし
てか…体調悪くて年末にも来れなかった義父…来斗の心配してる場合とちゃうん?と思ったけど義父は元気になってました少し暖かくなったら遊びに来て、その時来斗に会えるのが楽しみらしい

その2…この『トライアングル動物眼科診療室』確かに評判通りとても良い病院でした。
事前にこちらに罹ってた人のブログなどを色々読んでいたので、診療代が高いのも覚悟してました
眼科初診料が10,200円なのも知ってましたなのでお金も沢山持って行ってたよ(カードも使えるんだけど)
3万位かな?と思っていたら・・・検査&薬代で42,105円でした
ワシは微動だにせず、しらっと『はい』とお金を払ったけど、隣にいたあっさんはガクブルでしたがな
車に乗って『高っ』と当然言いあったけど、でもお金には変えられないよね。
来斗の眼がこれ以上悪くならない為なら

病院を出たのが5時半過ぎ・・・帰りにご飯でも食べて帰ろうと言うことになり、しぃちゃん(次女)がアイフォンで検索すると近くの九段上に素敵なカフェがあるよ?と見つけたのがこちら

CIMG2553.jpg

CIMG2555.jpg

『SANBANCHO』カフェ・・・大々的にドッグカフェとは出てませんが、室内ワンコOKでゆったりとして綺麗でとてもいい感じのお店でした。
検査を頑張った来斗にも

CIMG2558.jpg

ドッグメニューも注文。写真は無いけど、うちらが食べたパスタもハンバーグも肉料理もピザも美味しかったよ
なにより、今人気のマイナス2度のビールはまぢ美味かったおほほ

CIMG2566.jpg

CIMG2564.jpg

CIMG2565.jpg

CIMG2567.jpg

CIMG2568.jpg

CIMG2569.jpg

店内で寝てしまったらっさん、お疲れさまでした・・・これからも治療皆で一緒に頑張ろうね~
一応ご報告しましたが・・・来斗は元気です。だから心配しないでくださいね

おまけ
CIMG2573.jpg

お約束でしょ?やっぱ上野に行ったらパンダ焼きまんじゅうは・・・



                                 

シェルティを愛する皆様へ

   シェルティレスキューをご覧下さい。里親募集・センター収容情報あります



遊びにきてくれてどうも有難う
ぽちっっjumee☆paw3と宜しくお願いしますラヴ
 
        
   にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 来斗 | 07:25 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

犬の話・猫の話

CIMG2520.jpg

寒し!!
でも、来斗&あめ&トイは概ね元気家族はあっさん(長女)が風邪っぴき~
こう寒くて乾燥してたら風邪も長引きそう・・。皆様もお気を付け下さいね

さて・・・母と来斗がお散歩で週の半分は行っている近くの運河

CIMG2492.jpg

CIMG2508.jpg

先日いつもの様にここを歩いていたら、船主と思われる男性が一人、どう見てもワシらを待ちかまえている
男性がやや苦手のらっさん『どうしようかな~』と思ったけど急にUターンするのもあれやし。。などとあれこれ思いながら通り過ぎようとしたら『来斗くんだよね?』と声をかけられた
だ、誰やねんと思いつつ『以前にお会いしましたっけ?』と聞いたら会ったという。
まぁ、ぶっちゃけ会った事あるから来斗の名前も知っているのだろうし。。。来斗が自分で名乗る訳ないんだから名前を教えたのもこの母以外にはありえないんだけどね
昨日の事すら覚えてないおボケちゃんのワシ・・・全然記憶になく大変失礼をかました母でした

CIMG2503.jpg

そういえば前にあっさんが散歩してたら『来斗君』と声をかけられたおじさんがいたよ・・・と言ってたし。
このおじさんは飼い主ではなく来斗で覚えてくれてるんだよね
お散歩で時々あうワンコは、結構飼い主さんとセットでワンコを記憶してる事って多くない?
連れてる人間が変わると識別できない事も多々あるワタスなんだけど・・・
で、このおじさん、すぐにしゃがんでくれ来斗を撫でたそうにするんだけど・・・らっさん警戒するし
犬好きな人や犬を飼ってる人は、すぐにしゃがんでくれ目線を犬と合わせてくれるからすぐに分かるよね。
決して上から威圧するような態度はとらない(まぁ、この段階で来斗はビビるからダメやし)

お互いしゃがんで暫くお喋り(そうすると来斗も少し落ち着きおじさんに近づくから
聞くところによると、このおじさんも以前ワンコを飼っていたそうです。
9歳くらいの時に、虐待されてたワンコを引き取り、お星さまになるまでの4年間大事にしてたらしいんよ
最初は人を警戒するから何度も手を噛まれたそうです(今でもその傷痕が残ってた
気長にゆっくりなつかせて・・・晩年はボクの布団も横取りし一緒に寝てたよ・・・と嬉しそうに懐かしそうに話してくれました。

CIMG2498.jpg

運河には沢山のワンコが散歩してるのに、なんで来斗を気に入ってくれてるのだろう・・・
聞かなかったけど、多分そのワンコの大きさや性格(ビビりでよく吠えるとことか?)が似てるのかもしれないなぁ~と思ったよ
このおじさんのワンコ・・・最期の数年は人の手の温かさを知って大事にされ犬生を終わる事が出来て良かった・・・とホッコリしました

CIMG2516.jpg

話は変わり、昨年小笠原諸島が世界遺産に登録されましたね
その事もあり、昨年は小笠原諸島の父島・母島の野猫捕獲の様子がマスコミでも多く取り上げられていました。
元々は人間が持ち込んだ猫・・・それが野生化し増えている。猫たちは絶滅危惧の鳥類を捕食している旨、島民から猫の安楽死の方法を東京のある獣医師に聞かれたのが事の始まり。
『節滅危惧種も猫の命も救おう』と都内の獣医師会のメンバーで、猫を捕獲し里親に・・・のプロジェクトを立ち上げたのが数年前。
今では200匹以上の猫たちが獣医師に引き取られ、そこから里親に出されたり飼い猫として幸せに暮らしています。
野猫。。。最初は当然人間を威嚇し暴れたりするそうですが、徐々に慣れていき甘える様子を知ると、猫の順応性の凄さに感心します。

CIMG2513.jpg

我が家のホームドクターの病院にもこの猫ちゃんがいます。
名前は『サワラ』小笠原のサワラらしいけど、安易過ぎねーか?院長
で、このサワラ君。院内の2階にいて病院の看板猫として2年住んでるらしいんだけど、母は会った事はないんよ
2階がトリミングルームなので、来斗は毎回サワラ君と会ってて仲良く挨拶できてるらしい
最初は懐かなかったけど、今では甘えん坊になってるらしい
院内に写真(院長がサワラを抱っこしてる)が貼ってあるのを年末に気づいたワシ・・・遅っ
元々は人間の都合で島に連れて行った猫・・・今でもこの事業は続けているみたいですが、いいプロジェクトだよね。
日本もさ~、人も犬も猫も・・・可能なすべての生き物が仲良く共存できる環境になればいいな

attachment00[1]



                                 

シェルティを愛する皆様へ

   シェルティレスキューをご覧下さい。センター収容情報あります。支援の輪が広まりますように・・・



遊びにきてくれてどうも有難うございま~す
ぽちっっjumee☆paw3と宜しくお願いしますラヴ


    にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

| 来斗&トイ | 00:45 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年も宜しくお願い申し上げます

CIMG2464.jpg

明けましておめでとうございます
って・・・もう6日ですが、この母マッタリしすぎやん?
あっさん(長女)は4日から仕事だったし、旦那も毎年5日は初荷なので仕事始めでした。
昨日散々ニュースでも取り上げられていましたが、今年の初荷の鮪(今年は2年ぶりに大間の鮪です)史上最高の高値でしたね
5,649万でしたっけ?(うちのマンションより遥かにお高い鮪さん
ご祝儀相場とは言え・・・凄いですよね~。 大間の漁師さんも大喜びでしょう

CIMG2469.jpg

ところで、我が家の年末年始ですが・・・。
この母恐らく結婚後28年・・・初めて家族だけの大晦日と正月三が日を過ごしました。
ここ十数年、大晦日は義父母&義弟と姪達が食事に来てたので、毎年30日に野菜や肉の買い出しをして、大晦日は忙しいのが恒例行事だったのですが・・・。
昨年末は・・・買い出し後にまさかのドタキャン
義父の体調が少し良くなくて・・・義弟も風邪をひいて熱が・・・との連絡が
そうなると・・・一気におせちは作る気しないよね~29日夜から仕込んでいた黒豆だけは煮ましたが、筑前煮も栗きんとんもパスでした
ワタス、思いの外のんびりと(ぐ~たらの方か正しい)気ままに大晦日と正月を過ごさせて頂きました。

CIMG2474.jpg

元旦は娘達と散歩がてら来斗の好きな『マ・メゾン』にお茶しに行ったり・・・

CIMG2448.jpg

CIMG2449.jpg

後は来斗と普通に散歩して少し家事して・・・のお正月でした

CIMG2456.jpg

CIMG2453.jpg

CIMG2463.jpg

久しぶりにクーちゃん(ミックス)に会ったのに、クーちゃんへの挨拶もそこそこにクーちゃんのお姉ちゃんに甘える来斗

CIMG2479.jpg

とことんグ~タラしてたけど、流石にお雑煮は作ったわよ
お雑煮の御餅は・・・基本2個以上は食べたい派です(この日は3個食べました
子供の頃は、もっと一杯食べてた気がするんだけど・・・
今ではお雑煮の御餅を食べる際には娘達に『小さくしてよく噛んでたべてよ』と注意される始末
そこまで年寄扱いせんでもええやろまぁ確かに喉に詰まりやすい母ですけど?
(メロンは危険よね?気管に入りやすい・・・一昨日食べた時むせて苦しかったもん

CIMG2478.jpg

新しい年が始まりましたが、皆が元気で、笑顔いっぱいの年になりますように・・・。

今年もこんな緩い感じのブログ始めですが、ど~ぞ宜しくお願い致します




                                 

シェルティを愛する皆様へ

   シェルティレスキューをご覧下さい。今年も協力・支援の輪が広がりますように



励みになりますぽちっよろしくにゃん黒猫←あめちゃん
      
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

| 来斗 | 07:47 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。