シェルティ来斗とあめ&トイの毎日Ⅱ☆

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

bye-bye、チャッピーお空へ

最近パソコンも開いて居なかった・・・でもお友達のブログはスマホから時々見させていただいている。
今夜も、更新してるかな?と何気なくチャッピーのブログを覗いたら、突然の訃報の記事に震えた。 嘘でしょ?急に?なんで?どうして?と涙が溢れ頭が混乱した。
26日未明チャッピーが虹の橋を渡った。

201667.jpg

チャッピーの飼い主akiさんとは、かれこれ8年以上のお付き合いになる。あっさん(長女)がブログをしていた頃、チャッピーが来斗に似ている・・・とコメントを頂いて以来の友人です。確かに顔も似てるし何より背中の毛色が来斗とそっくり!意外にいそうで居ないもんで・・・それからは来斗の1歳上の姉ちゃんだと思い可愛くて仕方がない。

2010_1103_17020210001101.jpg

2012_0402_10423610003351.jpg

高知県在住だから逢うことは出来なかったけど、性格は来斗と違い大人しい聞き分けのいいワンコだろうな~と想像し見守ってきたつもりだ。
数年前から、皮膚病やら甲状腺やら関節炎やら、そして重い心臓病も患い、最近薬がまた増えたとコメントを頂いてたけれど・・・マッサージに通ったり水も変えたり飼い主のakiさんはその都度チャッピーの為に手を尽くされている様子を伺うと感心しきりでした。
7月3日の12歳の誕生日には豪華なワンコケーキでお祝いしてもらい嬉しそうに食べていた。だからまだまだチャッピーは頑張ってくれると勝手に信じ込んでいた。

2013_0928_070651044721.jpg

2015_0101_134627.jpg

ブログを初めて10年も経つと、来斗同様にお友達ワンコも皆シニアになっている。見送ったお友達も何人もいる。
歳をとればいつかは・・・と分かってはいても訃報記事を書くのは心が痛い。でもその子と知り合えた幸せと感謝の気持ちを乗せて綴ることにしているものの・・・やはり辛い。

チャッピーは病院で独りで逝ってしまいました。せめて大好きな家でakiさんの見守る中で腕の中で・・・とakiさんの心残りは絶大でしょうが、これもチャッピーが選んだ最期だったのかも。こんな潔さはいらない・・・とakiさんはお思いになるでしょうが・・・。
どんな場所でどんな最期を迎えようが亡くなった我が子に対する悲しみや悔しさや無念な思いに差異はないと思えるのです。

「最近私が家にいるときは、いつも傍にいたいって感じだ・・・」とつい最近のブログに書かれていましたね。しんどかったチャッピーの最後の甘えだったのかも。お母さんを独りにさせたくないな~と言うチャッピーの優しい思いかもしれません。
別宅に行って庭にお母さんが育ててる野菜を食べるのが楽しみだったね。新鮮な大根やトマトは美味しかったでしょう。

2013_0715_102837.jpg

2016_0323_153157.jpg

3月にチャッピーの羊毛フェルトを作り送らせてもらった・・・似てなくてごめんね。
12歳になったばかり、来年も「おめでとう」というつもりだったのに、チャッピーの心臓と肺はもう限界だったんだね。
頑張ってたからわからなかったよ・・・
来斗はチャッピーの分まできっと長生きさせるから見守っててね。

2018175.jpg

つい最近まで、こんな可愛い笑顔だったのに、と悔しい思いは尽きないけど、チャッピーが楽になれたんなら・・・と心に折り合いをつけるしかないのかな・・・。

チャッピー、お疲れ様でした・・・行ってらっしゃい・・・それまでバイバイ


p.s. akiさん、勝手にブログからお写真拝借しました。事後報告でごめんなさい。

04053027.jpg

   この来斗の写真がチャッピーへの最後のコメントになるなんて思わなかった・・・







にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| お友達 | 01:28 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

happyday (*≧∀≦*)

何かと忙しく過ごしていますが、気づけば11月もあと5日で終わりと言う・・・早っ (*゚Q゚*)
おまけに昨日からの☂で一気に寒くなりまして・・・辛っ (´・_・`)

さて・・・先日の3連休の中日、ブログ友達がわざわざ会いに来てくれ、念願の対面を果たす事ができました
ベリーの母ことYOKOさんは関西在住。
あっさん(長女)がこのブログを書いてた頃からのお付き合い。もう7~8年になるでしょうか・・・。
コメントやメールやラインで繋がってはいても、やっぱ実際に会えるのは嬉しいものです
思い起せば8月末に「11月の3連休に東京に行こうと思ってます」のメールを貰ってから、どれほど楽しみにしてただろうか・・・。
クル━(゚∀゚)━! 状態で、そうだ!折角来てくれるんなら是非来斗にも会ってもらいたいと思いあっさんの彼氏Oに休みを取ってもらったしね
宿泊先のお茶の水のホテルへお迎えに行った際、ご主人にもお会いでき来斗を撫でてもらいました
ご主人、YOKOさんを東京まで連れて来て下さり有難うございました
特に初対面の挨拶もなく、即普通に長年の友同様に話せるブログ友って凄い絆だなといつも思います。
後部座席にYOKOさんと来斗とワタス・・・来斗は家族以外の人と同乗した経験が殆どないので大丈夫かな?と思っていたんだけど、普通に寛ぎ初対面なのに鬱陶しいほどYOKOさんに体を預け、膝枕で寝てたーー
YOKOさん、毛だらけになり重かったでしょうに・・・ごめんね

1448193164294.jpg

スカイツリー下にあるドッグカフェでランチを食べ、次の目的地、千葉へ・・・。
共通のブログ友であるショコラ君&きよ母さん宅にお邪魔しました。
YOKOさんが来るよ~と連絡すると「じゃあ、家に来て」とゆっくりお喋りできる場所を快く提供してくださいました
てか・・・家が広い!! 素敵な羨ましいお宅でしたよ~(掃除大変そうだからワシには無理だけど)
懸念してたのは・・・初めてのペンションやホテルの部屋は平気なくせに、よそ様の家では落ち着かない来斗。
例えば近所に住む友人のことは大好きで懐いてるんだけど、友人宅に上がるとソワソワしてすぐ帰ろうと言い出す始末
なので大丈夫かなぁとあっさんと心配してたんだけど・・・来斗我が家のように寛ぎ、広いお部屋を勝手に探検したり、めちゃ嬉しそうだった
きよ母さんとは8ヶ月振りの再会。でも今回は何年も写真や動画で見ていただけのショコラに会える!!
生ショコラに会えた感動 何年も大病を抱え一喜一憂しながらの日々を送ってますが、12歳にしては若々しいし、思ってた以上に元気なショコラが可愛くて可愛くて
来斗を見て興奮させてしまい申し訳なかったね。でも少しでも会えて本当に嬉しかったんだよ。

1448257835022.jpg

1448193182785.jpg

そして近くに住む娘さんのきよさんも会いに来てくれたんよ。そもそもあっさんときよさんがブログで繋がり、数年後にお互いの母がブログを引き継いで今に至ってると言う奇異な関係ですw。
知り合ってから、それだけの月日が流れてるって事だよね。きよさんはその間お嫁さんになり、3歳児のママになってます
ん?あっさんは変わらずですが何か? ←ブレない女と呼んでやって

1448257798446.jpg

1448257806071.jpg

我々のお喋りの間、来斗はウロウロ散策したり寝たりしてましたけど、終始ご機嫌でした。
沢山話したようでもまだまだ話し足りない感じですが、とても楽しい時間を過ごすことができました。
お二人とも、お土産も沢山有難うございました。また必ず会いましょうね

ブログ友って往々にして犬に対する価値観が似てるから、そんな友人との会話はとても心地良い。
犬を飼ったなら可愛がり世話をするのは一連の当たり前のことだけど、本当に可愛がるのって簡単ではないよね。
自分の都合の良い時だけ可愛がるのはちょっと違うし、皆仕事や家事がありながらも、いかにその子の為に自分の時間を使うか?なんだろう。
並大抵ではないショコラの食事のケアをするきよ母さんは、まさにそれを毎日実行してます。
ショコラはたとえ口から食べられなくても、外に繋がれ散歩と御飯だけの世話を受けてる犬より、ずっと幸せな犬生だと思えるのです。
YOKOさん家のベリーは5月に14歳9ヶ月で虹の橋に渡りました。まだまだ寂しさや空虚感でいっぱいだと思います。
14年の間、皮膚アレルギーや関節炎やら、昨秋には重篤な病気になってしまったけど最期まで頑張ったベリーでした。
敢えて慰めの言葉もかけなかったのは、盲愛されてたベリーは幸せだったって知ってるから

来斗にとってもhappyな一日になりました。楽しい時間はあっという間に終わっちゃうね。
だって、帰りもホテルまで送っていき、YOKOさんが車から降りたら、来斗「ワンワン」とキレてました
楽しかった分、お別れが寂しかったに違いない・・・ま、自己中男ですから





☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆



 シェルティレスキュー


 ポチ応援よろしくです
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

| お友達 | 08:04 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バイバイ、マリー

未だに実感できないでいるのですが、去る7月22日我が家の伊豆の常宿アップルシードのマリーが虹の橋へ旅立ちました。
あまりにも突然の訃報に愕然としました。今月3日には元気に5歳の記念日を迎えたばっかりだったのに・・・

CIMG1623.jpg

マリーは、シェルレスによって2010年3月にレスキューされた7頭のうちの1頭でした。
優しい預りさん家で3ヶ月余りを過ごしていました。
まだ若いマリーでしたが、彼女は「動脈管開存症」という先天性の心臓疾患を抱えていました。里親さんには生涯の投薬と定期的な検査をうけさせるのは絶対条件です。
それを全て理解し受け入れ、ありのままのマリーを愛し育ててくださったのが、アップルシードのパパ&ママです。
狭いゲージの中しか知らなかったマリーが一気に沢山のワンコがいる賑やかな楽しい家族の一員になりました。
そもそもママが私の拙いブログに貼ってある シェルティレスキューのバナーをたまたま押してみたところ、運命的にマリーを我が子にと思われた経緯もあり、私にとってもマリーは大事なコで、彼女の成長を見るのが楽しみでした。

2010年初めてマリーに会いに行った時は、まだ彼女はクレートに隠れ触らせてくれなかったのに、年々表情も明るく活発な、おそらく本来のマリーの性格が出て来てすっかり看板犬の1頭に成長してる様子は、とても微笑ましく嬉しい限りでした。

PIC_0071.jpg

PIC_0095.jpg

CIMG1655.jpg

心臓の定期的な検査も頑張ってたからずっと小康状態を保っていたし、実際食いしん坊で元気なマリーでした。
我が家は、毛並みも綺麗で、益々可愛い女のコになっていくマリーに会うのがとても楽しみで・・・。

CIMG1647.jpg

IMG_7018.jpg

犬・猫等と家族同様に暮らしている飼い主ならば、誰もが皆我が子は長生きして欲しいと願うだろう。
絶対的な「長生きの秘訣」なるものがあれば何としても実践したいとさえ思う。
だから、まだまだ生きたかったであろう10歳にも満たない若い子を見送らなければならないのは悔しく残念でたまらない。
でも大事だと思うのは・・・時間より質。
アップルシードの子になってからの5年間のマリーの犬生は、皆に愛され、家族を愛し幸せな楽しい時間を過ごせた事は間違いない。
大好きなママの匂いを感じながら、眠るようにマリーが息を止めたのは幸せだった証だよね。
毎日楽しみに食べてたママの手作りご飯、最期に持たせてもらえて良かったね。

CIMG1658.jpg

CIMG1661.jpg

CIMG1683.jpg

マリー、可愛かったよ~大好きだったよ~。これからも・・・
言うのも辛いけど・・・「マリー、行ってらっしゃい。またね・・・」




    にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ

| お友達 | 17:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

哀悼・・・ベリー、お疲れ様でした

旅行記の途中ですが・・大好きなお友達が一昨日虹の橋に渡りました。

P1070818_convert_20150511071013.jpg

ベリー・・あと2ヶ月で15歳を迎えられたのに・・・今年もまた「ベリー、お誕生日おめでとう」って言えると勝手に思い込んでいたんだよ・・・
でも、もう痛くないね。辛かったね。よく頑張ったね。
デカシェルだったベリーが、こんなに小さくなって大好きな家族の元に帰ってきたんだ

手が震え涙が溢れます。

P1060122_convert_20120729183707.jpg

P1060126_convert_20120729183733.jpg

P1040055_convert_20101118072730.jpg

P1040074_convert_20101109065348.jpg


あっさん(長女)の頃からのブログ友だったベリー、あの頃ベリーはまだ6歳だったんだね。
家族と優しい月日を共にし、アレルギーはあったけど概ね元気に過ごしてたよね。半年前までは・・・
ベリーがシェルティに多い鼻腔内腫瘍と知った半年前、この私でさえ心臓が痛くて悔しくて辛かった。
ご家族の思いはいかほどだったろう・・・

P1050978_convert_20120517073111.jpg

P1040099_convert_20101115071340.jpg

P1040108_convert_20101115071401.jpg

4月末に症状が急変し、腫瘍の転移が見つかり頬の傷からの出血、食いしん坊だったベリーが食べられなくなった。
でもお兄ちゃん、お姉ちゃんが帰って来るGWには食欲が戻ってきたと知り安心してたのに・・・
お兄ちゃんの「次はGWに帰るから・・・」の約束をベリーは守ったんだね。

動物は、自分の死期を感じてもただひたすら生きようとする、どんなに辛くとも生きようとするのが本能だそうです。
悪化する状態を受け入れそれに合わせて生きていくのだそうです。泣き言もいわず・・・
凄いよね。強いよね・・・だから飼い主がすべきことは、そんな本能を尊重し、生命の営みを大切にすべてを一緒に受け入れることだとか・・・。
ベリーのパパ、ママはそれを十分にしてきてあげたと思います。半年前も、先月末もいつか来る別れの時を覚悟した・・・と言ってたけど、100年たっても覚悟なんてできないのは知ってたよ。
15年近くも傍にいてくれたら、それが当たり前の日常になり、家族の中心、ママの全てになってたでしょうから・・・

P1070704_convert_20150113071624.jpg

P1070680_convert_20141217182625.jpg

ベリーは昔からプーさんのぬいぐるみがお気に入りで、かなり年季のはいったプーさんがいつも傍らあり、私を和ませてくれました。
今はプーさん=羽生君がメジャーですが、私の中ではプーさん=ベリーです。
最期まで大好きな家で家族と共に過ごせたこと、ベリー幸せだったね。
もう痛みも皮膚の痒みからも解放され、いつかまた会える日までのんびり虹の橋で待っててね

P1040067_convert_20101109065310.jpg

P1020946_convert_20100127073757.jpg

ベリー、お疲れ様でした。出会えて嬉しかったよ。どうも有難う・・・
いまだけ、ベリー、バイバイ   またね・・・

| お友達 | 12:44 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

哀惜・・・りり~ちゃんへ

20150203121335_deco.jpg

いつも上を向いて辛い闘病に耐え頑張ってくれていたりり~ちゃん。 昨夜虹の橋を渡りました。
昨日はお日様見に行けてたし、ご飯も少しだけど口にできて安心してた矢先の訃報。
信じられませんでした。悪い冗談だと思いました。
でももう辛くないよ。前みたいにおもいっきり走れるようになったんだよ・・・

015_201309080654523fc.jpg

008_20130925211328420.jpg

2014-04-16-08-10-59_deco.jpg

011_20130920071227d8c.jpg

2013年7月に大好きだったララ姉ちゃんを見送ってからは少しの間一人っ子。家族の愛情独り占め。
他のワンコはちょっと苦手だったけどお散歩が大好きで、食べること大好きでママの車の助手席が大好きでいつも笑顔のりりーでした・・・。
妹のきぃちゃんを迎えてからは、今度はりりーがいいお姉ちゃんになっていきましたよね。
昨年秋から変形性脊椎症が進行し、四肢が不自由になりながらも頑張ってくれてたのになぁ~
りりーママさんとは長いお付き合いさせていただいてます。
私の中のリリーはいつもララ姉ちゃんの前をルンルン歩く姿のリリーのまんま・・・
だからブログを見せて貰うたび切なくて切なくて、リリーの四肢が動かなくなっても諦めきれず、まだ11歳、脊椎症は完治は無理だけどきっとまた歩けるようになると信じ、補助用ハーネスを送りつけた事・・余計ママを焦らせたかなぁ~と後悔しています。ママごめんね。

20150202141329_deco_2.jpg

いつも空を見上げてリリーは何を思ってたのかなぁ~
毎日ママちゃんの手厚い看護嬉しかったね。だから通院も頑張れたんだよね。
家族が大好きだったリリー。家族が休みの週末はいつも早起きして待ってたよね。
だから最期の時も週末を選んだんでしょう?

016_20120418195132.jpg

009_20130507080626.jpg

また虹の橋でララ姉ちゃんとこうして寄り添ってるんだろね。
ララ姉ちゃんに「りりーこっちに来るの早いよ!」と叱られたでしょう・・・

2015-01-01-00-24-33_deco.jpg

りりー姉ちゃんを慕い最期まで寄り添ってくれた妹分きぃちゃんもありがとう。
ホントはもっと長く一緒にいてもっと沢山いろんなこと教わりたかったろうけど、きぃちゃんの元気さにりりーも沢山励まされ刺激を受け、楽しい毎日だったと思ってるよ。
りりーちゃんは、脊椎症だけでなく他の深刻な病があったんでしょう。
私はあえてママに何の病気なの?と心配だったけど聞けなかった。
いつかママの気持ちが落ち着いたらブログに綴ってくれると思ってる。
同じ病で奮闘してる仲間に貴女がどんな世話をし看護してきたか・・・が大きな励みや参考になるのは間違いないから・・・
だってリリーは幸せでしたよ。安らかな最期で。お腹いっぱいにしてもらって。

20141117185013_deco.jpg

もう「ママちゃん、ママちゃん、ルンルン♪」のリリーの写真が増えないことが寂しい。悲しい。
言わなきゃいけないね・・・「りり~ちゃん、いってらっしゃい」
リリーの笑顔は最高でした。忘れないよ。ありがとう・・・

20150201_165728.jpg


りりー&きぃ 空を見上げて
明日の夜8時半。空を見上げてりりーちゃんを見送るね。

| お友達 | 14:30 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。